ネットワークエージェントのローカルインストール

ネットワークエージェントをデバイスにローカルインストールするには:

  1. インターネットからダウンロードした配布パッケージにある setup.exe ファイルをデバイスで実行します。

    ウィンドウが開き、インストールするカスペルスキー製品の選択を要求されます。

  2. 製品の選択ウィンドウで、[Kaspersky Security Center 10 ネットワークエージェントのみのインストール]をクリックしてネットワークエージェントのセットアップウィザードを起動します。ウィザードの指示に従ってください。

    インストールウィザードの実行中、ネットワークエージェントの詳細設定を行うことができます(下記参照)。

  3. デバイスを特定の管理グループの接続ゲートウェイとして使用する場合は、セットアップウィザードの[接続ゲートウェイ]ウィンドウで、[DMZ 内でネットワークエージェントを接続ゲートウェイとして使用する]をオンにします。
  4. 仮想マシンへのインストール時にネットワークエージェントを設定するには:
    1. ネットワークエージェントの仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)向けダイナミックモードを有効にする。これを行うには、セットアップウィザードの[詳細設定]ウィンドウで[VDI(仮想デスクトップインフラストラクチャ)向けダイナミックモードを有効にする]をオンにします。 
    2. ネットワークエージェントの動作を VDI 向けに最適化します。これを行うには、セットアップウィザードの[詳細設定]ウィンドウで[Kaspersky Security Center ネットワークエージェントの設定を仮想インフラストラクチャ用に最適化します]をオンにします。

      デバイス起動時の実行ファイルの脆弱性スキャンが実行されなくなります。また、次のオブジェクトの情報が管理サーバーに送信されなくなります:

      • ハードウェアレジストリ
      • デバイスにインストールされているアプリケーション
      • ローカルクライアントデバイスにインストールする必要がある Microsoft Windows の更新プログラム
      • ローカルクライアントデバイスで検知されたソフトウェアの脆弱性

      これらの情報の送信は、ネットワークエージェントのプロパティまたはネットワークエージェントポリシーの設定で有効にできます。

セットアップウィザードが終了すると、ネットワークエージェントがデバイスにインストールされます。

これで Kaspersky Security Center ネットワークエージェントサービスのプロパティを表示したり、Microsoft Windows の標準ツール(コンピューターの管理 / サービス)でネットワークエージェントのアクティビティの開始、終了、監視をしたりすることができるようになります。

ページのトップに戻る