カスペルスキー セキュアコネクションが必要な理由

公衆Wi-Fiネットワークは、ぜい弱な暗号化プロトコルや弱いパスワードが使用されているような場合、保護が不十分な可能性があります。安全でないWi-Fiネットワーク上でインターネット購入した場合、パスワードや機密データが暗号化されていないテキストで送信されます。そのような場合、クレジットカード番号などの機密情報がハッカーに傍受され、金銭などを盗み取られてしまうことがあります。

カスペルスキー セキュアコネクションは、Wi-Fiネットワークに接続した際にそのネットワークの安全性をチェックします。Wi-Fiネットワークが保護されていない場合、お客様が指定する国または地域にある専用のサーバーを使用して保護された通信を有効にするよう、メッセージが表示されます。保護された通信が有効になると、Webサイトからのデータはまず専用のサーバーに送信されます。その後、暗号化および保護された通信を使用して、お使いのデバイスにWebサイトのデータが送信されます。

カスペルスキー セキュアコネクションには、次のような利点があります:

ローカルのインターネット接続やUSBモデム接続のようなネットワーク接続にも、カスペルスキー セキュアコネクションを使用することができます。

既定では、HTTPSプロトコルを使用してWebサイトに接続する場合、保護された通信の確立を要求するメッセージは表示されません。

銀行のWebサイト、オンラインショッピングサイト、SNS、チャット、Webメールなどのサイトの閲覧時に仮想サーバーを変更すると、不正監視システムを起動させることがあります。不正監視システムとは、オンラインでの金融取引を分析して不正操作の兆候を探すシステムです。

カスペルスキー セキュアコネクションの使用は、法令により規制されます。本製品は、適用される法令を遵守し、本来の目的でのみ使用してください

トップに戻る