Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless の概要

Kaspersky Security for Virtualization 4.0 Agentless(以下「Kaspersky Security」)は、VMware ESXi ハイパーバイザー上の仮想マシンをウイルスなどのマルウェア(以下「マルウェア」)とネットワーク上の脅威から保護する統合ソリューションです。

Kaspersky Security は、サーバー向けオペレーティングシステムを含む Windows ゲストオペレーティングシステムが稼働する仮想マシンを保護します。

Kaspersky Security では、VMware インベントリオブジェクト(VMware vCenter Server、Datacenter オブジェクト、VMware クラスター、リソースプール、vApp オブジェクト、仮想マシン)の階層のどのレベルでも仮想マシンの保護を設定できます。本製品は、VMware DRS クラスター内で移行中の仮想マシンの保護をサポートします。

Kaspersky Security には、次のコンポーネントがあります:

ネットワーク脅威の検知は、VMware vCenter Server と VMware NSX Manager で管理されるインフラストラクチャにのみインストールできます。

Kaspersky Security には、次の機能があります:

Kaspersky Security は、カスペルスキー製品を遠隔操作で一元的に管理するシステムである Kaspersky Security Center によって管理します。

Kaspersky Security Center を使用して次のことができます:

Kaspersky Security は、仮想マシンの保護およびスキャンで発生したすべてのイベントに関する情報と、Web アドレスのスキャンおよびネットワーク攻撃に典型的な動作の検知で発生したイベントに関する情報を Kaspersky Security Center 管理サーバーに送信します。

このヘルプセクションの内容

システム要件

製品の購入

ページのトップに戻る