Kaspersky Web Traffic Security

Kaspersky Web Traffic Security (「本製品」や「KWTS」とも表記)は、プロキシサーバーを経由する HTTP、HTTPS、FTP トラフィックを保護するソリューションです。

本製品を利用することにより、企業ネットワークのユーザーは安全に Web リソースにアクセスできます。提供される機能には、HTTP(S) プロトコルや FTP プロトコルで企業ネットワークに流入するデータストリームからのマルウェアなどの脅威の削除、感染している Web サイトやフィッシング Web サイトのブロック、Web リソースのカテゴリやコンテンツ種別に基づく Web リソースへのアクセス制御などが含まれます。

本製品は、法人ユーザーのために開発されています。

Kaspersky Web Traffic Security:

Kaspersky Web Traffic Security は、機密情報、個人情報、データ保護について、欧州連合の一般データ保護規則(GDPR)および適用法に準拠しています。

関連項目:

本製品のライセンス管理

RPM パッケージまたは DEB パッケージからの本製品のインストールと初期設定

ISO イメージから導入した本製品のインストールと初期設定

本製品の開始

製品動作の監視

レポート

Kaspersky Web Traffic Security のイベントログ

トラフィック処理ルールについて

ワークスペースの管理

ロールおよびユーザーアカウントでの操作

クラスターの管理

ネットワークトラフィックの保護

ICAP サーバーの設定

ブロック通知ページ

設定のエクスポートとインポート

アップデートパッケージのインストール

本製品のバージョン 6.0 からバージョン 6.1 へのアップグレード

サーバーの時間設定

プロキシサーバー接続の設定

Kaspersky Web Traffic Security の定義データベースのアップデート

Kaspersky Security Network への参加と Kaspersky Private Security Network の使用

LDAP サーバーへの接続

Kaspersky Anti Targeted Attack Platform(KATA)との連携の設定

Syslog イベントログ

SNMP プロトコル使用によるアプリケーション管理

シングルサインオン認証

Web インターフェイスでのビルトインプロキシサーバーの設定管理

TLS/SSL 接続の復号

本製品に関する情報源

テクニカルサポートへの問い合わせ

補足資料 1: Squid サービスのインストールと設定

補足資料 2: Squid サービスと Active Directory との連携設定

補足資料 3: HAProxy を使用した ICAP バランシングの設定

補足資料 4: オブジェクトの MIME タイプ

補足資料 5: URL の正規化

補足資料 6: Web リソースのカテゴリ

AO Kaspersky Lab

サードパーティのコード情報

商標に関する通知

ページのトップに戻る