Kaspersky Endpoint Security for Windows の概要

Kaspersky Endpoint Security for Windows(以降、「Kaspersky Endpoint Security」とも記載)は、さまざまな脅威、ネットワーク攻撃とフィッシング攻撃からコンピューターを包括的に保護します。

各種の脅威が専用のコンポーネントによって処理されます。各コンポーネントは個別に有効または無効にすることができ、設定も個別に行うことができます。

管理コンポーネントとは、次にあげるコンポーネントを指します:

管理コンポーネントの動作は、次のルールに基づきます:

保護コンポーネントとは、次にあげるコンポーネントを指します:

コンポーネントが提供するリアルタイム保護に加えて、コンピューターのウイルスや他の脅威を定期的にスキャンしてください。これにより、セキュリティレベルが低く設定されていたなどの理由でマルウェアが保護コンポーネントによって検出されなくても、マルウェアを拡散してしまわずにすみます。

コンピューターの保護を最新の状態に維持するには、この製品が使用する定義データベースおよびモジュールをアップデートする必要があります。製品は既定で自動的にアップデートされますが、必要に応じて、定義データベースとソフトウェアモジュールを手動でアップデートすることができます。

Kaspersky Endpoint Security では、次のタスクを実行できます:

Kaspersky Security Center からのリモート管理

Kaspersky Security Center を使用すると、クライアントコンピューター上の Kaspersky Endpoint Security の起動と停止、タスク管理、製品設定の編集、ファイルやディスク全体の暗号化の実行などをリモートから行えます。

ファイル暗号化機能により、ローカルコンピュータードライブ上に保存されているファイルやフォルダーを暗号化できます。ディスク全体の暗号化機能により、ハードディスクとリムーバブルドライブを暗号化できます。

製品の支援機能

Kaspersky Endpoint Security には多数の支援機能が備わっています。支援機能は製品を最新の状態に維持し、製品の機能を拡張して、製品操作時にユーザーを支援することを目的としています。

製品がエラーを返す場合や、操作中にフリーズする場合、自動的に再起動することがあります。

クラッシュを引き起こすエラーが繰り返し発生する場合、製品は以下の動作を行います:

  1. コントロールとプロテクションの機能を無効にします(暗号化機能は有効のままです)。
  2. 機能が無効になったことをユーザーに通知します。
  3. 定義データベースをアップデートしたり、ソフトウェアモジュールのアップデートを適用したりした後で、製品を動作する状態に復元しようとします。

製品は、Kaspersky Lab で開発された専用のアルゴリズムを使用して、発生回数が多くクラッシュを引き起こすエラーに関する情報を受け取ります。この情報は製品のリカバリに必要となる情報です。

このセクションの内容

製品の購入

システム要件

オペレーティングシステムの種別に応じて利用できる本製品の機能の比較

その他のカスペルスキー製品との互換性情報

ページのトップに戻る